【お取り寄せチーズ】チーズ工房アドナイ(北海道興部町)の『ミモレット』

未分類
Ayaka Izawa

Ayaka Izawa

フリーランスで管理栄養士の仕事をしながら、北海道栗山町の井澤農園で販売・営業を行い、地域の産品作りや食育などの地域おこし事業にも関わっています。 自称「農家フェチ」!

≫ Ayaka Izawaの記事一覧

今回はチーズ工房アドナイ『ミモレット・アドナイ』をご紹介します。こちらは北海道、オホーツク海に面した小さな町、興部(おこっぺ)町にある家族経営のチーズ工房です。なんでも、ご家族でチーズを作るために移住してきたとか。筆者も何度も訪れたことがある魅力的な町なので、家族で移住も頷けます。チーズもガツンとくる旨味が特徴的でおすすめです!

お取り寄せ先の紹介

チーズ工房アドナイはヨーロッパの農家がつくるチーズをお手本に、1996年以来独自の製法でチーズを作り続けています。創業者の堤田さんは熊本県の出身。北海道の大学を卒業したあと千葉県の乳業メーカーでサラリーマンをしていたところ、「興部(おこっぺ)町でチーズを作らないか」と誘いがあり移住したそうです。昔から休みの日にはチーズを試作し、お給料日には様々な種類を食べ比べていたとのことで、研究熱心な職人さんなんだと感じますね。

アドナイは興部町の南側に位置し、近隣の酪農家が搾った新鮮な生乳をすぐにチーズに加工しています。可愛い赤い屋根の工房ではリコッタやマスカルポーネなどのチーズから、しっかり熟成した固いチーズまで、たくさんの種類のチーズが作られています。札幌にも店舗 「adonaiとさとやま商店」を構えており、チーズの他にもスイーツや、ソフトクリーム、ヨーグルトなどが購入できます。

興部(おこっぺ)町はオホーツク海に面した漁業と酪農の町です。海と山の大自然に囲まれた町では新鮮な海産物が楽しめ、豊かな森林を活かした林業も盛んに営まれています。人口は3000人余りと多くはありませんが、美味しい海鮮に乳製品、カフェやレストランも充実していて近隣には温泉もあります。筆者も興部に何度も足を運んだことがあるほど魅力溢れる町ですよ。

※チーズ工房アドナイの『フロマージュ・ド・サリュ』というチーズも別の記事で紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

チーズ工房アドナイの『ミモレット・アドナイ』はどんなチーズ?

興部町にあるチーズ工房アドナイのミモレット,北海道産ナチュラルチーズ

アドナイのチーズのパッケージには“子羊”が描かれています。筆者は最初「羊の乳のチーズなのかな」と思ってしまいましたが、ちゃんと牛の乳のチーズでした(笑)。
ロゴマークの子羊にはしっかりと意味があり、キリスト教の聖書に出てくる子羊、そして守り、導いてくれるイエス・キリストを表しているそうです。

チーズ工房アドナイのミモレット,北海道興部町のナチュラルチーズ

今回いただいたチーズは『ミモレット・アドナイ』。ミモレットはフランス原産のチーズで、「半分やわらかい」と言う意味の「ミ・モレ」がネーミングの由来です。色鮮やかなオレンジ色が特徴的なセミハードチーズで、オレンジ色の正体は「アナトー色素」と言う植物の種子から抽出した色素です。製造後2〜3ヶ月で食べることも可能ですし、12ヶ月、24ヶ月と熟成させる工房もあります。

チーズ工房アドナイの『ミモレット・アドナイ』を実食レポート

チーズ工房アドナイのミモレットと白ワインと胡桃,北海道産のナチュラルチーズ

チーズ工房アドナイの『ミモレット』は6ヶ月以上熟成されたチーズでコクがあり、色は濃いオレンジ色でとても鮮やかです。100gあたり434kcal、たんぱく質29.8g、脂質32.6g、炭水化物5.2g。食塩相当量は1.5g(推定値)と低めではありますが、旨味の強さと塩味が相まって若干塩味が強めに感じる印象です。

薄くカットしたチーズ工房アドナイのミモレット,北海道興部町産のナチュラルチーズ

6ヶ月以上熟成した濃厚な味わいのチーズは、薄めにスライスしてそのままいただくのがおすすめです。こうすると、チーズ本来の風味がより一層引き立ち、口の中で溶ける瞬間の豊かな味わいを存分に楽しむことができます。お好みのワインと合わせると絶妙なハーモニーを奏でてくれますよ。

薄くスライスしたチーズ工房アドナイのミモレットをシーザーサラダにかける

また、薄くスライスした『ミモレット』をシーザーサラダに加えてみてください。濃厚な旨味とほどよい塩気、そして鮮やかなオレンジ色が、シンプルなシーザーサラダを一層引き立て、見た目にも華やかさを添えます。サラダの上にふわりと乗せるだけで、普段のサラダが特別な一皿に変わりますね。

チーズ工房アドナイのミモレットを挟んだエビカツサンドと半熟ゆで卵とサラダ

サンドイッチに挟んでみるのもおすすめです。『ミモレット』のスライスをパンとともに、お好みの野菜やハム、チキンなどと組み合わせることで、チーズのコクと塩気が他の具材の味を引き立て、普段のサンドイッチが一段と豊かな味わいに。このチーズを活用することで、料理のアクセントとしてだけでなく、色味の美しさもお楽しみいただけます。
細かく削って温かいパスタに絡めてみたり、ピザやグラタンのトッピングに使ってみるのもいいですよ。いつもの料理がグレードアップしてさらに美味しくなります。

最後に

チーズ工房アドナイの『ミモレット・アドナイ』を紹介しました。可愛いらしい子羊のパッケージとはややギャップのある、旨み強めのしっかり主張する味が楽しめます。パケ買いしても期待を外さない美味しいチーズですよ。オフィシャルサイトからお取り寄せもできますが、北海道興部町で育つ牛やその生乳でチーズを作る工房、自然などの風土を体感しに現地に訪れてみてはいかがでしょうか。

商品情報

商品名ミモレット・アドナイ
種類別ナチュラルチーズ
原材料生乳(北海道)、食塩/アナトー色素
内容量100g
保存方法10℃以下で保存
製造者チーズ工房(有)アドナイ
北海道紋別郡興部町興部914-12
公式サイト:https://adonaicheese.stores.jp/

関連記事

特集記事

NORTH DISHのお取り寄せ

ランキング

  1. 1

    【行者にんにく】とは?強い香りの美味しい山菜。その食べ方や栄養について

  2. 2

    【玉ねぎの辛味はこう抜く!】玉ねぎ農家のヨメによる“辛味”の抜き方をご紹介

  3. 3

    品種によって異なる味わい!じゃがいもの世界

  4. 4

    【牛乳の飲み方5パターン】もっと美味しく、もっと好きになる方法

  5. 5

    完全栄養食【卵】のすごい栄養素とその働き。生と茹で、種類による違いを徹底解説!

TOP