【とうもろこしのしんじょう揚げ】のレシピ・作り方

レシピ
Ayaka Izawa

Ayaka Izawa

フリーランスで管理栄養士の仕事をしながら、北海道栗山町の井澤農園で販売・営業を行い、地域の産品作りや食育などの地域おこし事業にも関わっています。 自称「農家フェチ」!

≫ Ayaka Izawaの記事一覧

◆とうもろこしのしんじょう揚げ
準備時間

3

minutes
調理時間

30

minutes
カロリー

212.3

kcal
塩分

1

g

※カロリー・塩分は1人分です。

《材料(2人分)》

  • とうもろこし 1本(冷凍コーンなどでも可。その場合200g前後)

  • はんぺん 2枚(200g)

  • 片栗粉 大さじ1

  • 小麦粉 大さじ1

  • むき海老(生の冷凍えびを解凍して使っても良い) 100g

  • 卵 1個

  • 油 適量

《作り方》

  • 材料を揃える。
    とうもろこしのしんじょう揚げを作る材料
  • 背腸をとったエビは片栗粉(分量外)小さじ1で揉み洗いし、水で流して水分を拭き取っておく。包丁の背で荒くたたき、ボウルに入れる。
    むき海老を包丁の裏で叩く
  • はんぺんをちぎってボウルに入れる。片栗粉、小麦粉、卵もボウルへ入れ、全体がペースト状になるようによく手でこねる。
    はんぺんとエビのむき身をペースト状にする
  • とうもろこしの粒を削ぎ、《3》のボウルへ。均一になったらタネをてのひら大に丸め、サラダ油を敷いたバットの上に並べていく。この時、空気がなるべく入らないようにぎゅっと丸める。
    ボウルの中にとうもろこしの実を入れる
  • フライパンに1cmほどの深さの油を入れて中火で熱する。《4》のタネを入れて3分ほど揚げ焼きにし、裏返してもう2〜3分揚げ焼きにする。こんがり茶色っぽく揚がったら完成。
    フライパンでとうもろこしのしんじょう揚げ作る

《料理のポイント・コツ》

  • プチプチ食感のとうもろこしが楽しい、はんぺんとエビを使った「しんじょう」風の揚げ物です。具にカレー粉や青のりを加えて風味を出しても良し、枝豆や玉ねぎなどの野菜を加えると栄養価がアップします。空気が入らないように丸め、カリッとするまで揚げることがポイントです。

関連記事

特集記事

NORTH DISHのお取り寄せ

ランキング

  1. 1

    【行者にんにく】とは?強い香りの美味しい山菜。その食べ方や栄養について

  2. 2

    【玉ねぎの辛味はこう抜く!】玉ねぎ農家のヨメによる“辛味”の抜き方をご紹介

  3. 3

    品種によって異なる味わい!じゃがいもの世界

  4. 4

    【牛乳の飲み方5パターン】もっと美味しく、もっと好きになる方法

  5. 5

    【つぶ貝の煮付け】のレシピ・作り方

TOP