【とうもろこしのひげ茶】のレシピ・作り方

レシピ
Ayaka Izawa

Ayaka Izawa

フリーランスで管理栄養士の仕事をしながら、北海道栗山町の井澤農園で販売・営業を行い、地域の産品作りや食育などの地域おこし事業にも関わっています。 自称「農家フェチ」!

≫ Ayaka Izawaの記事一覧

とうもろこしのひげを乾燥させた後、炒って作るお茶です。とうもろこしのやさしい甘さと風味があって飲みやすく、ノンカフェインのお茶です。完成後は清潔な密閉容器に入れると1~2か月美味しく楽しめます。

《材料》

  • とうもろこしのひげ(2〜3本分)

《作り方》

  1. とうもろこしのひげをカラカラに乾燥させます。ザルなどに重ならないように並べ、天日で3~5日乾燥させましょう。
  2. 乾燥したひげを2㎝程の長さに切り、フライパンや鍋で乾煎りします。とうもろこし2本分のひげ程度なら2~3分程でOK。香ばしい香りがするまで焦げないように煎ります。これでとうもろこしのひげ茶は完成!

ひげ茶の飲み方

  1. 鍋に400㏄の水を入れ、とうもろこしのひげ茶5gを入れて沸騰させ、好みの濃さまで煮出すだけ。3分ほど煮れば香り良く飲みやすいお茶になります。
  2. 飲むときに茶こしや目の細かいザルでひげを濾し、できあがりです。

◆料理のコツ・ポイント

ひげ茶は温かいまま飲んでも良いですし、粗熱が取れたら容器に移して冷蔵庫で冷やして飲んでも良いです。
「コーン茶」というお茶もありますが、コーン茶は専用の品種のとうもろこしを乾燥させて焙煎したものです。コーン茶の方が麦茶寄りの味で飲みやすいのですが、ひげ茶よりも栄養価は低いです。

関連記事

特集記事

ランキング

  1. 1

    【玉ねぎの辛味はこう抜く!】玉ねぎ農家のヨメによる“辛味”の抜き方をご紹介

  2. 2

    【牛乳の飲み方5パターン】もっと美味しく、もっと好きになる方法

  3. 3

    【玉ねぎの保存方法】北海道の玉ねぎ農家の嫁が長持ちする秘訣を教えます!

  4. 4

    品種によって異なる味わい!じゃがいもの世界

  5. 5

    【お取り寄せチーズ】ニセコチーズ工房の『雪花 (sekka)パパイヤ&パイナップル』

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
TOP